感動する日本アニメが少ない

感動する日本アニメが少ない

私たちが子どもの頃は、「感動の名作」と呼ばれるような日本 アニメもいくつかあり、衛星放送でたまに見ると懐かしいなと感じるものですが、時代とともにその内容も変化しているのか、最近のテレビ放送は「子どもにぜひ見せたい」と思う番組や、身近な問題に真剣に向き合っている内容の濃い番組が減っているのは大変残念に思います。今の日本の問題点を挙げればきりがありませんが、子供にまつわる事だと、いじめや虐待は後を絶たないのが現状です。その結果悲しい結末を迎えてしまうことになるケースも増えていますが、いじめや虐待をする加害者は何を考えているのか、このような事態をなくすためにはどうしたらいいのか、どうすれば被害者を救う事が出来るのかを、当事者だけではなくみんなが真剣に考えなければいけないのではないかと思います。こういう内容をぜひあにめ化して子どもたちにわかりやすく伝えてもらいたいというのがあります。また、家族の愛や絆をテーマとしたanimationの復活にも期待します。今年は東日本大震災があり、多くの方が犠牲となりましたが、今の世の中を生きている人達には、ごく普通の生活が当たり前にできる事が、どれだけ幸せであるかということを感じとって欲しいから、そういう題材をテーマにした番組が出来ると自分を見つめ直すきっかけになるかも知れません。animationの実写版を放送するよりも、もっと身近な題材で内容の濃い放送作りをしてもらえたらありがたいなと思います。

新着情報

おすすめサイト

関連情報